中高年 中高年の恋愛・結婚お役立ちコラム すべて 恋愛HOW TO

【悪用禁止】好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5

【悪用禁止】好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5

好きな相手が自分に依存してくれたら嬉しい。そんなふうに考える50代の男女もいるでしょう。50代はいろいろと不安になりやすい年齢です。そのため、恋愛で依存させるのはそれほど難しいことではありません。

この記事では、50代男女向けに好きな相手を依存させる悪用禁止のテクニックを不安になりやすい理由とともに詳しくご紹介。自分だけを見て欲しい相手がいる、恋愛したいけれどどうすれば好きになってもらえるのかわからないという方は必見です。

なぜ不安になりやすいの?50代の恋愛と性

50代の男女はとても不安になりやすい世代です。だからこそ、好きになった相手には自分だけに夢中になって欲しい、いっそのこと依存して欲しいとさえ思い詰めがちになってしまいます。そもそも、50代の男女はなぜそんなにも不安にかられてしまうのでしょうか?

著しい容姿の衰え

【悪用禁止】好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5

50代が恋愛と性に不安を覚えやすいのは、著しく容姿が衰えてしまうからです。40代はわずかな若さが輝くとき。プチ整形でのアンチエイジングが脳裏をかすめるものの、まだ若見えする瞬間もあるため不安を先送りしがちです。

いよいよ無理だと感じ始めるのは50代を迎えてからになるでしょう。老いが本格的になってからの恋愛は、自分に性的な魅力がなくなってきているとわかります。そのため、結果を得るのは難しくなるのではと不安になるのです。

「おじさん」「おばさん」と呼ばれることが増える

50代にとって嬉しくない「おじさん」「おばさん」呼ばわり。これから恋愛したい、彼氏や彼女など恋人が欲しいと考えている独身勢にとっては、確認したくない年齢を突きつけられ落ち込む原因になるでしょう。

まだまだ自分は元気だし、若いつもりであるのが50代男女の恋愛と性の現実です。しかし、不意な「おじさん」「おばさん」呼ばわりで自身の年齢を実感し、果てしない不安が募ります。

社会的な引退が目前に迫っているため

仕事を持っていることが恋愛や性に対する自信の源になっている50代男女はたくさんいます。にもかかわらず、一般的な企業では60歳が定年の年齢です。65歳まで働けるといっても、シニア枠での再雇用となります。

そのため、これから自分はどうなってしまうのか、セカンドライフをどう過ごしていくのかといった不安がつきまとうようになります。これまでの生活の根幹が変化するので、恋愛や性に対しても言いようのない不安が募ります。

好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5

若い頃とは違った不安が募りやすい50代の恋愛と性。それらを踏まえて、悪用禁止の「好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5」をご紹介します。

①若さを維持する努力をする

【悪用禁止】好きな相手を依存させる50代のテクニックTOP5

好きな相手を依存させる50代のテクニックは、若さを維持する努力をすることです。中高年の男女が年下男性や女性に心を奪われてしまうのは、自分の老いを直視したくないという理由があるでしょう。

とはいえ、若い世代の異性の恋愛対象になるのは厳しいものです。だからこそ、恋愛したい50代は若さの維持に励むことがおすすめ。いつまでも若々しい容姿に夢中になって依存してしまう男女は少なくはないでしょう。

②おしゃれなデートスポットへ誘う

ロマンチックなデートプランを計画してくれる異性にドキドキしない人はいないでしょう。おしゃれなデートスポットへ誘うのも、好きな相手を依存させる50代のテクニックです。

不思議とアラフィフになってくると、学生時代や社会人になったばかりの頃の楽しかった思い出を回顧しがちです。そんなときめきや刺激を思い起こさせてくれる異性なら、50代になってもますますのめり込んでしまうでしょう。

③相手を褒める

好きな相手を依存させる50代のテクニックは、相手を性的に褒めることです。中高年になると、自分磨きに励んでも「おじさん」「おばさん」呼ばわりされて終わることが増えてきます。

そのため、「かっこいい」「きれいだよ」と性的に褒めることができる50代は激モテします。この人と一緒にいればいつまでも魅力的でいられると思える状況は、大人の恋愛では大きな効果をもたらします。

④相手の性欲を満たす

性欲を満たしてあげることも、人を依存させる方法です。とはいえ、50代男女は性欲が減退してくる世代なので、触れ合いたい日とそうでない日の落差が激しいもの。

そのため、50代では相手に合わせたペースで性欲を満たしてあげることがキーポイントになるでしょう。触れ合いたくなったら、いつでも受け止めてもらえる。そんな甘えられる異性に依存してしまわない人は少数派といってもよいでしょう。

⑤支えになると伝える

好きな相手を依存させる50代のテクニックは、支えになると伝えることです。相手が思い悩んだとき、困った状況にあるときは支えになると言葉にして伝えるようにしましょう。
人はなぜか、年をとれば取るほど依存できる相手を作ろうとするもの。

ネット恋愛を始めてみようと思った50代のなかには、恋人が欲しいというより精神的な支えが欲しいと思ったことがきっかけになった人もたくさんいるのです。50代という年齢は、すでに依存しやすい環境が出来上がっているともいえるでしょう。

すでに依存体質?50代の恋愛と性を楽しもう

好きな相手を依存させる50代のテクニックは、年齢的に大きくなる不安を良い意味で活用したものです。真面目な恋愛以外での悪用は絶対に禁止!あくまでも、好きな相手と相思相愛になるために使ってみてくださいね!

素敵なパートナーと出会える💕

おすすめ

50代のデート【おすすめの場所は?初デートはどこまで?】 1

50代のデートはどのような場所へ出かけるのがベストなのでしょう?また、初デートの行き先はどこまでにしておくと、お互いが無理なく過ごせるのでしょうか?プライベートや結婚相談所、またはマッチングアプリなど …

50代のための季節のデート情報 1月 「梅の花を見に行きませんか?」 2

1月下旬頃から早いところでは梅の花が咲き始めます。 見頃は種類にもよりますが2月中旬から3月中旬です。 皆さんの地域でも梅林スポットは色々とあると思いますが、関東近郊の梅まつり情報をご紹介します🌸 杉 …

セックスを外注したい熟年男女 3

ご注意 本編はR50Timeが推奨している内容ではありません。あくまでもエンタメとしてお楽しみください。 熟年の男女の中には「セックスは外注したい」と思っている人が多いようです。 実際に外注することで …

-中高年, 中高年の恋愛・結婚お役立ちコラム, すべて, 恋愛HOW TO