熟年シリーズ 中高年、熟年の恋愛・結婚コラム すべて

シニア夫婦のセックス事情!拒否してもOK?【妥当な回数や頻度も】

シニア夫婦のセックス事情!拒否してもOK?【妥当な回数や頻度も】

シニア夫婦のセックス事情はどうなっているのでしょうか?60代ともなると、あれこれと理由をつけて夫の誘いを断っている妻も多いはず。とはいえ、まだ元気そうな夫の誘いを断り続けたら将来的にどうなってしまうのか、心配にもなってくるでしょう。

そこで今回は、夫の誘いを拒否してもOKなのか、妥当な回数や頻度、セックスの楽しみ方など、シニア夫婦のセックス事情について詳しくまとめてみました。シニア世代の性生活について悩んでいる女性はぜひチェックしてみてください。

シニア夫婦のセックス事情!夫の誘いを拒否してもOK?

60歳もしくは65歳ぐらいから総称される「シニア世代」。60代ともなると、夫とのセックスはそろそろ卒業したいと願っている妻も多いでしょう。しかし、このまま夫の誘いを拒否し続けた場合、妻としての立場が危うくなることはないのでしょうか?

①夫は不満がたまる

シニア夫婦と呼ばれる年齢になったのだから、もうセックスしなくてもいいのではと漠然と感じている妻も多いでしょう。しかし、それは妻側よりの捉え方となりそうです。

多くの妻が「年齢的にセックスするのがつらい」と感じているのに対して、多くの夫は「もっとしたい」と希望しているケースが多いのだそう。

夫もセックスを卒業したいと望まない限り、妻が拒否を続けることによって、夫側の不満が蓄積されることは確実です。

②タイミングが合えば同時に卒業も可能

生涯現役を理想とする男性も多いでしょう。しかし、誰しもが何歳になってもセックスできるというわけではないため、遅かれ早かれいつかは卒業の日を迎えることは確かです。

もし夫も妻と同じように「それほどこだわっていない」という気持ちを少しでも抱いていれば、同時に卒業できる可能性があるかもしれません。ただし、夫婦同時にセックス卒業のタイミングが合うことはレアケースになりそうです。

③他の女性に目が向くことも

シニア夫婦だからといって、夫の誘いを拒否し続けると、夫が他の女性に目を向けてしまう恐れもあります。夫がキャバクラで若い女性とコミュニケーションを楽しんだり、風俗で割り切った遊びをされたりしても、気にならないといえるでしょうか?

お金のからんだ関係ならまだしも、純粋な出会いから不倫関係に発展してしまうことも十分に懸念されます。自分の誘いを拒否する長年連れ添った妻より、セックスさせてくれる若い女性が本命になってしまっても不思議はないでしょう。

④熟年離婚の発端になるかもしれない

たくさんの人生の苦難を一緒に乗り越えてきたはずのシニア夫婦。しかし、そんなふたりでも、セックスレスが長期間続くことで熟年離婚につながる原因のひとつとなってしまいます。

妻からすると「そんなことぐらいで熟年離婚?」と驚くでしょうが、夫からするとどうやらそんなことでは済まないようなのです。セックスについては男女の意識のズレが大きくあるので、大事にならないうちに対処したほうがよさそうな気がします。

シニア夫婦の妥当な回数や頻度は?

シニア夫婦といえども、夫と妻の両方がセックスの卒業を望んでいない限り、拒否を続けると関係にヒビが入る恐れが高そうです。セカンドライフを穏やかに過ごすためには、適度に夫の誘いに応じることも大切になってくるのかもしれません。

では、シニア夫婦にとって妥当なセックスの回数や頻度はどれくらいになるのでしょうか?相模ゴム工業で行われたリサーチでは、60代の場合、セックスの回数や頻度は1か月に0.97回という結果が出ています。

リサーチ結果からも、シニア夫婦の妥当な回数や頻度は月に1回といえそうです。夫からの誘いをあれこれと理由をつけて断っていた妻も、月に1回であればなんとか乗り越えられそうなのではないでしょうか?

引用:相模ゴム工業(ニッポンのセックスより)

https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/times_sex.html

シニア夫婦のセックスの楽しみ方

シニア夫婦におけるセックスの妥当な回数や頻度は月に1回です。しかし、たった1回されど1回と気が重くて仕方がない妻もいるでしょう。ここからは、シニア夫婦のセックスの楽しみ方を詳しく解説していきます。

ラブホテルを利用する

シニア夫婦のセックス事情!拒否してもOK?【妥当な回数や頻度も】

シニア夫婦のセックスの楽しみ方として、最もおすすめするのは「ラブホテルを利用する」ことです。これまで、子供を頑張って育ててきたからこそ、ラブホテルは久しぶりという方も多いでしょう。

最近のラブホテルは、とてもおしゃれに変化してきています。気分転換も兼ねれば、夫の誘いを億劫に感じることも少なくなるかもしれません。

ラブグッズを使ってみる

抵抗を覚える方もいるかもしれませんが、ラブグッズの使用もシニア夫婦のセックスの楽しみ方です。最近では、ラブグッズはプレジャートイとも呼ばれ、女性が開発したアイテムを増えてきています。

一度、いろいろ試してみてはどうでしょうか?もしかしたら、夫とのセックスの時間を想像以上に楽しめるようになるかもしれません。

まずは月1のセックスを楽しんでみては?

その気になれず、できれば卒業したいと思ってしまいがちなシニア夫婦の性生活。しかし、60代のセックスの回数や頻度は月1回とのことなので、明るい希望となった妻も多いのではないでしょうか?

この記事を参考に、無理のない範囲で夫とのセックスを楽しんでみてくださいね。

シニア夫婦のセックス事情についての知識が深まったあなたは、早速R50世代向けマッチングアプリに登録してみましょう。

R50Timeは中高年特化型のマッチングアプリ。熟年結婚のお相手を探すのにも最適です。

若い方が多い大手マッチングアプリでは良い出会いのない50代以上の方に向けて、同年代の人と繋がれるプラットフォームを提供し、健全な出会いを促進しています。是非試してみてくださいね!

おすすめ

50代のデート【おすすめの場所は?初デートはどこまで?】 1

50代のデートはどのような場所へ出かけるのがベストなのでしょう?また、初デートの行き先はどこまでにしておくと、お互いが無理なく過ごせるのでしょうか?プライベートや結婚相談所、またはマッチングアプリなど …

50代のための季節のデート情報 1月 「梅の花を見に行きませんか?」 2

1月下旬頃から早いところでは梅の花が咲き始めます。 見頃は種類にもよりますが2月中旬から3月中旬です。 皆さんの地域でも梅林スポットは色々とあると思いますが、関東近郊の梅まつり情報をご紹介します🌸 杉 …

セックスを外注したい熟年男女 3

ご注意本編はR50Timeが推奨している内容ではありません。あくまでもエンタメとしてお楽しみください。 熟年の男女の中には「セックスは外注したい」と思っている人が多いようです。 実際に外注することで性 …

-熟年シリーズ, 中高年、熟年の恋愛・結婚コラム, すべて